行政書士 資格

MENU

行政書士 資格

行政書士の資格についてまとめています。

 

 

@資格試験の勉強法(podzast・一般知識・暗記・突破塾・基本書・合格道場・六法・早稲田経営出版

 

A行政書士資格について(ビジネス実務法務・要点

スポンサードリンク

行政書士 資格記事一覧

行政書士は、合格率が1割を切っている難関資格の一つです。受験資格が幅広いので、いろんな方が受験します。学校の受験ではないので、勉強法もさまざまです。勉強法には、通信教育で独学・専門学校・予備校などがあります。その勉強法のひとつに、podcastというのがあります。podcastというのは、iPodを使った学習方式。ラジオでやってる語学講座のようなものをiPodに落とすものです。iPodというのはご...

行政書士試験に限らず、すべての試験において、知っていなければならない項目については暗記しておかなければなりません。このことは、お分かりのことと思います。しかし、暗記だけで合格できるほど、行政書士試験は甘くないです。しかも、暗記するといっても、勉強範囲の広い行政書士試験のこと。たとえば、行政書士試験の一つの科目に、「民法」があります。これひとつ取ったって、暗記するには相当時間がかかります。また、問題...

行政書士試験がやっかいな資格だといわれるのが、この一般知識問題があるため。公務員試験にもありますが、公務員も行政書士も似たようなところがあるんですね。両方共「行政」の仕事をしますから。しかし、行政書士は以前より専門性が強化され、そのため平成18年以降の試験問題では、一般知識が6問減少されています。けれども、合計14問は今もあるので、重要性は軽くなったわけではなく従来通りです。その証拠に、一般知識で...

行政書士に似た資格にビジネス実務法務というものがあります。しかし、行政書士は国家資格、ビジネス実務法務は民間資格、取得後の地位には天と地ほどの差があります。たとえば、行政書士試験に合格した後で、行政書士会に登録した後、行政書士として仕事ができる権利ができます。けれども、ビジネス実務法務では、試験に合格するほどの能力はある、とう証明はなされるので、客観的な個人能力の目安などには使えるでしょう。しかし...

行政書士資格の勉強には、予備校・スクールがあります。もちろん、それらは、金銭的にも時間的にも制限されます。しかし、時間に縛られないで、という条件を付けるなら、通信講座が便利です。行政書士資格では、突破塾が有名。通信講座ですから、当然通学の必要がないわけです。いわばほぼ独学に近いものながら、勉強のポイントなどをサポートしてくれるところですね。しかし、突破塾に限らず、勉強法には相性があります。皆に共通...

行政書士試験は、大学で言えば、難関校を受験するようなものです。勉強は、基本書で学習しますが、基本書一冊で十分、繰り返しで勉強します。しかし、もちろん本試験では、基本書だけでは足りないでしょう。具体的には、過去問。過去問で実際の試験を体感します。しかし、基礎ができていなければ、どんな試験もだめです。基本書といわれるものは、行政書士の場合、本屋さんに行けばたくさん売っています。それほど人気の資格なんで...

行政書士の合格者には、独学で勉強する方が少なくありません。ただし、独学ですと、勉強に偏りができたり、情報不足に陥る危険性があります。そこで、合格道場を紹介しましょう。行政書士の合格道場では、試験の情報が経験知として蓄えられていて、独学学習者には助かるものです。基本的には合格を目指すサイトですが、過去問があったりしますので、一から勉強する方向きではありません。やはり、基本書・問題集で力をつけて、補助...

行政書士試験の要点は、行政法・民法を絶対に抑えることです。何しろ行政書士試験の出題範囲は広範囲ですから全部を学習する時間はなかなかとれません・。だから、多くの方は、合格までの学習スケジュールにまず悩むのです。過去問をみても、行政法・民法で大体半分以上の得点を占めます。行政書士試験は、60%くらいの得点ができれば、合格できますので、行政法・民法の重要性が分かることと思います。足切りでは、法令科目が5...

行政書士六法というのは、民法・行政法を中心とした行政書士業務には欠かせない法令集をいいます。一般に言う六法全書は、憲法・刑法・民法・商法・民事訴訟法・刑事訴訟法の6つの法律を載せていますが、やはり行政書士を目指すなら行政書士六法を持っておくべき本でしょう。もちろん、条文とか判例を逐一暗記できるものではありませんが、語学で言う辞書の役割になります。行政書士試験合格のためには、知識・問題がまとめられて...

早稲田経営出版というのは、主として法律関連の資格に関して取り組んでいる出版社です。行政書士を始めとして、司法書士・弁理士・社会老保険労務士などです。ですから、行政書士試験に取り組んでいる方にはおなじみの会社かもしれません。当然これから取り組もうという方も、基本書た問題集を選ぶときの参考にしたい会社のひとつです。他にもいろんな出版社が、行政書士試験関連の書籍を出しています。その中から何も考えずに選ん...

パスポート認証とは、海外留学とか、海外預金口座の開設に必要になる行政書士の業務です。パスポート認証の必要性ですが、海外では日本の運転免許証や保険証などは身分証とは役にたたず、国が身分を保証したパスポートに信頼を寄せているからです。だから、海外留学や海外口座開設では、多くのケースでパスポート認証が必要になってきています。特に海外口座開設では、マネーロンダリングの問題もありますし。さて、パスポート認証...

パスポート認証と共に、外国人の在留資格も行政書士の仕事です。在留資格とは、海外から来た外国人が、ビザの変更・結婚、仕事などの理由で入国手続きを取りたい、そんな時に必要な手続きです。要は、外国人が日本国内に在留する場合の資格ですね。(不法滞在にならないために・・・)在留資格の中でも、最も高いのが、永住権の取得・オーバーステイ、不法滞在から正規の在留資格になる場合。在留資格取得費用は、15万円〜20万...

行政書士の資格試験を、独学で突破しようとするのは、大変なことですが不可能なことではありません。最低でも、通信講座は受けたいものですが。受験資格や実務経験がほぼ不要なため、ライバルの数はたくさん。しかし、試験自体は、法令等と一般知識に分かれ、法令科目の一部記述式の試験があるほかは、すべて択一式のテストです。法律系科目の中では、難易度が比較的低い試験で、この行政書士の資格から、宅建・中小企業診断士・社...

行政書士試験では、択一式の問題があります。択一式だから、簡単だ、と思うなかれ。法律に精通した方ならともかく、法を全く知らない方が問題を読んでも、ちんぷんかんぷん、になること間違いありません。択一式というのは、文章理解の問題なのです。しかも、厳格な法律用語のこと。しっかり把握していないと、まぐれでは絶対に合格点が取れませんよ。では、文章理解の問題の対策はどのようにしたらいいのでしょうか。文章理解の問...

行政書士試験で、民法は、一番配点が大きいため、絶対に抑えなければいけない科目です。ですが、法律の中でも条文が多く、従って勉強も一番時間がとられます。ここで問題は、時間を意識した学習法のと。まさか、行政六法片手に、条文1から逐次覚える方は、ないでしょう。もちろん、そうしてもいいのですが、最後の条文を理解する頃には、最初の条文はすっかり忘れます。人間ってそんなもんです。いくら条文が多いからといって、行...

三上陽三ゲオルクという方がいます。日本人で建築家の父とドイツ人のピアニストを母に持つ、行政書士です。2000年に資格を取り、事務所を開業。主に、車庫証明・自動車のナンバー取得・法人設立・設立後の手続き・建築宅建業の許認可の更新、変更入札などの業務を幅広く行なっています。ゲオルクという事務所の名前もユニークですが、それより、しっかりした仕事をしていることでも知られています。ただし、行政書士事務所と言...

ダブルライセンスとは、行政書士に関連した業務の資格を取得することです。行政書士を勉強する上で、民法という科目を学習しますが、実は、相性が良い資格に宅地建物取引主任者・社会保険労務士があり、そのどちらも、重要な科目である民法を学びます。宅建は、文字通り不動産売買、賃貸借に必要な資格で、不動産仲介業務をしながら、書類作成として行政書士の仕事をしたりします。社会保険労務士は、社会保険や労働保険に関するエ...