計量士

MENU

計量士

計量士は、計量法に基づき設置された国家資格です。

 

どんな資格なの?ということですが、経済産業省の管轄の国家資格です。

 

計量って、何かを計るということですね。

 

では、何をやるのでしょうか

 

。たとえば、計量といっても何かを測定するんですが、その何かによって、環境計量士一般計量士にわかれます。

 

ですから計量士の中でも、騒音・振動の計量と濃度の計量にわかれるのです。

 

濃度の環境経理士は、工場排水による土壌汚染の濃度・ガス排出などで汚染された大気の汚染濃度の計量などです。

 

一般計量士は、モノの長さ・大きさ・熱量などを計量し、証明します。

 

濃度・振動計量士の実際の就職は、工場の近隣・建設現場・自動車道路・線路・飛行機などの騒音・振動を計量する仕事になり、都道府県知事の登録計量証明事業所などに就職します。

 

一方、一般の計量士は、分析会社適性計量管理事業所などになります。

 

だから、就職には有利な資格でしょう。

 

しかし、合格率でいえば、一番難易度が高い濃度環境計量士で、平成20年の結果では、わずかに13.2%、次に難しい騒音関係の環境計量士は、17.9%。一番難易度が低いのが、19.7%

 

受験対策をしっかりしないと合格はおぼつかないでしょう。

スポンサードリンク

計量士記事一覧

計量士の試験対策を見てみましょう。計量士になるには、毎年3月に実施される試験に合格すること、合格後計量士に登録するまでに実務の経験が必要です。例えば、濃度を計る環境計量士になろうと思えば、試験に合格した後、濃度の環境計量士だったら、濃度を測定する実務を1年以上実務として経験があること、薬剤師の免許を取得しておくこと、職業訓練指導員の免許を取得していることなど、(このうちの一つですが、ハードルが高い...