計量士 試験対策

MENU

計量士 試験対策

計量士の試験対策を見てみましょう。

 

計量士になるには、毎年3月に実施される試験に合格すること、合格後計量士に登録するまでに実務の経験が必要です。

 

例えば、濃度を計る環境計量士になろうと思えば、試験に合格した後、濃度の環境計量士だったら、濃度を測定する実務を1年以上実務として経験があること、薬剤師の免許を取得しておくこと、職業訓練指導員の免許を取得していることなど、(このうちの一つですが、ハードルが高いことには間違い有りません)の条件をクリアして初めて計量士としての登録が可能になるのです。

 

受験で合格し、一発で登録に至るわけではないのです。

 

これが、振動関係の計量士になると、振動などの測定実務を一年以上経験していること環境計量講習を終了していることなど、どれか一つをクリアしていなければならいこと、一般の計量士でも、計量に関する実務を一年以上経験しなければなりません。

 

だから、筆記試験をクリアしても、登録までにはハードルがある、と理解しておきましょう。

 

なお、筆記試験ですが、どの計量士に共通する科目が「計量関係法規」「計量管理概論」の2科目。

 

それぞれ25問、計50問。

 

専門科目として、環境関係法規・化学・化学分析概論などで50問。(濃度関係の場合)。

 

合格ラインは、例年おおよそ、共通科目で30問専門科目で25問〜30問というデータになっています。

 

筆記試験の受験対策ですが、やはり過去問を繰り返し解き、解説を読み、理解を深める事です。

スポンサードリンク