臨床工学技士

MENU

臨床工学技士

臨床工学技士というのは、医師の指示の下、患者酸に対して生命に関わるような高度な医療機器を操作する医療機器のいわば、スペシャリストのことです。

 

もちろん、臨床工学技士になるには、厳しい資格が要ります。

 

臨床工学士の資格は、1987年に創設されました。

 

国家資格です。

 

他の資格に比べると、新しい分野になりますね。

 

だから、まだそこまでの知名度はないようです。

 

臨床工学技士の活動の場は広く、人工透析、人工心肺なども関わってきます。

 

大事な医療機器の操作はもとより、保守点検も仕事になります。

 

手術室、集中治療室などで使用する生命維持管理装置のメンテナンスも仕事で、本当に大事な部分を受け持っていますね。

 

ですから、就職先は、80%〜90%の割合で、病院・クリニック・医療機器メーカーということになります。

 

ただし、大事な仕事にもかかわらす、臨床工学技士が不在の病院があるとか、もしくは、処遇が芳しくない、という声もあります。

 

今後は、ニーズが高まるのは間違いなく、そのため看護師・臨床検査技師がスキルアップのため、ダブルライセンスを取得するというケースも増えています。

スポンサードリンク

臨床工学技士記事一覧

臨床工学技士の資格試験は、厚生労働省医政局が監修している財)医療機器センターが実施している臨床工学技士国家試験を受験します。受験資格は、専門学校・大学で基礎医学・臨床医学・応用工学などを修め取得します。臨床工学技士の試験は、毎年3月。受験要項ですが、問題は180問。出題される範囲が28科目の中から。合格ラインは60%以上。勉強方法ですが、専門学校・大学でまじめに過去問に取り組めば、80%くらいは取...