保育士 資格

MENU

保育士の魅力

保育士の仕事は、はまさにこどもと共に成長できる喜びが実感できますね。

 

それにつきると思います。

 

確かに毎日、子供と接するのは大変。

 

でも、子供も成長しますが、子供の成長だけでなく、自分も成長できる素晴らしいお仕事です。

 

子供たちができなかったことを目撃したり、その時の子供の表情を見たり、自分自身も特に喜びを感じるに違い有りません。

 

保育士は、そのような子供たちの日常に触れたことで、得られる充実感は、かけがえのないものになるでしょう。

 

ひと言で言えば、やりがいがある、お仕事ですね。

 

子供たちの変化をまざまざと感じることができます。

 

また、女性の場合、結婚・出産で仕事が続けられないことも多いです。

 

しかも、子育てが終わった後は、仕事しようとしても、資格の壁・年齢の壁に当たります。

 

これが現実です。

 

一方の保育士ですが、体力さえあれば、一生でも可能な仕事です

 

保育所内外の子供のサポートのために保育士は必要で、今後もその重要性は変わらないでしょう。

スポンサードリンク

保育士 資格記事一覧

保育士のニーズは、年々高まっています。これだけ少子化になってきているのに?と思われる方も多いことでしょう。少子化で保育士は不要なのでないか?でも、実際はその逆なんです。保育士の不足の背景には、ママの社会進出に伴う、「待機児童」の問題があるんです。待機児童の問題は、直接女性の社会進出を阻み、子供を持てない、そんな夫婦が増えてきて、ますます少子化に拍車がかかる、というわけです。そこで、保育施設の規制が...

保育士の給料や初任給のことは気になりますよね。実際には、働く場所、公立・私立・認可保育園・無認可保育園・保育所・託児所などいろんな形態があるので、当然その場所によって異なります。一例として公立の保育園に勤務した場合を考えてみましょう。公立の保育所は、各自治体が運営しますので、公務員扱いになるのです。だから、基本的には公務員の給与体系によって算出されるのです。大卒で18万円前後、短大卒で16万前後が...

保育士に向く人って、基本「子供好き」ということは誰でも思うかもしれません。毎日毎日小さな子供と接するのですから、当たり前ですね。子供と一緒になって遊ぶ、子供の笑顔を見るのが何より大好き、子供と触れ合う時間が幸せ、などという方は、まさに天職ですね。そんな方であれば、保育士の扱う子供たちも多種多様なので、いろんな子供と楽しめる方でしょう。また、子供と接するためには、子供に負けないだけの体力が必要です。...

保育士にはどうしても必要な能力があります。それらは、ほぼ資格試験の実技試験にも入っていますが。。まず、ピアノ(オルガン)が弾けること。保育園は、歌・踊りが欠かせません。だから、ピアノ(オルガン)は必須です。実は、保育士の実技試験の中にも、音楽の科目があるのです。最低、童謡・マーチ等の伴奏はできるようにしなければなりません。次に飾り付けのスキル。子供たちの誕生会・お遊戯会などイベントがたくさんある保...

保育士になるのは、資格を取得し、保育士に登録します。あとは、就職できるかがどうか。ではどういった就職先があるのでしょうか。まずは、保育所ですが、公立と私立があります。公立保育士は、地方自治体で募集しています。求人情報は、広報もしくはホームページでの告知が一般的。臨時職員制度として、登録できる地方自治体もあります。欠員が出た時のみ、臨時職員として活躍する保育士です。だから、急いで仕事につかなくても大...

保育士の一番大事な仕事が、子供と接する仕事であることは間違いありません。保育士は、小学校入学前のいろんな子供たちと接することになります。だから、年齢に応じて、仕事が異なっています。例えば、0歳児は、おむつ交換・ミルク・スキンシップなどになります。1〜2歳児は、一人での食事・衣服の着脱などの基本生活習慣の指導や、遊び、全身運動などを取り入れます。3歳児になると、自分のことは自分でやる・集団生活の重要...

保育士の勤務時間は、働く場所・環境により、いろいろです。一般的には、労基法で8時間、その基準を元にローテを組みます。たとえば、保育所を見てみましょう。多くの保育所では、7時半〜18時の間が保育時間、つまり子供を預かる時間になっていますね。で、普通は、この間、シフトします。たとえば、早番・中番・遅番とか。でも、時間外に子供を預かる制度もあります。それが、延長保育です。この場合、保育士の勤務時間が、1...

保育士の役割は、何でしょう。まずは、預かった子供が健康に育つよう、清潔で安全な環境においてあげたいものです。つまり、常に清潔に保つ、そして、ケガや事故が起こらない、そんな環境を維持しておかなければありません。大前提として、保育士には、子供たちの環境を整備することがあります。次に、保育所の子供たちは、急速に発達していく段階。だから、その中で、自立心・社会性を育てることを目標とします。同年代の子供、年...

保育士は、昔「保母」さんと呼ばれていました。資格としては任用資格、国家資格ではありませんでした。。任用資格というのは、その資格を必要としている時(職場)だけに有効な資格のことです。イメージとしては、単に子供の保育をするおばさんというイメージでした。国家資格として、保育士が確立されてから、意義と重要性が明らかになってきたのです。資格ができた時、子供を保育するだけでなく、地域の子育て支援の専門職として...

保育士の資格を取った後、どんな職場で働けるのでしょうか。まず、代表的な職場が、保育所・託児所です。女性の社会進出に伴って、待機児童が増えるほどに、保育所・託児所のニーズが高まっています。次に乳児院。両親の未婚や保護者の病気の事情によって家庭で養育ができない、あるいは、望めないそんな乳児のための施設になります。もちろん、ここに集まってくる乳児は、大人の手助けが必要であり、保育の専門職がとても大事にな...

保育士は、昔で言えば「保母さん」と呼ばれていました。保母さんにも資格がありましたが、保母の養成機関・都道府県の実施する試験を受験し合格して、保育士(保母)資格証明書を取得すれば、働くことができたのです。でも、児童福祉法が改正され、資格内容が変わりました。大きく変わったのは、保母⇒保育士の名称だけでなく、2003年から国家資格になったことです。名称独占資格になり、保育士の資格だけでなく、保育士登録を...

保育士の資格を取得したい、ではどんな風に取得するのでしょうか。実は今のところ、二種類の方法があります。まず、第一に、保育士養成校で保育士の資格を取る方法です。保育士養成校というのは、厚生労働相が指定した学校で、4年制の大学・短期大学・専門学校・保育士養成施設などがあります。だから、一番いいのが、これらの保育士養成校に入学するのが保育士への道の近道。学校を卒業すれば、保育士の資格がもらえますから。保...

保育士資格を取得するのには、どのくらいの期間を見ておけばいいでしょうか。資格は、養成校で取得する場合と、国家試験を受験する場合の二種類あります。まず、前者の養成校は、通って卒業すれば保育士資格が取れますから、四年制大学で、文字通り留年なしで四年、短期大・専門校で二年、夜間・通信校では、3年というところもあるようです。国家試験を受験するパターンでは、社会人の方も参入するので、まちまちですが、勉強は最...

保育士の資格取得を目指すのは、三種類に分かれています。まずは、20代の方。保育士になるための養成校の卒業生がほとんどです。。小さい頃から、保育士を夢見てた方、将来のための資格として保育士を選んだ、など目的を持って、早くから保育士になるために計画していた方が多いです。学校のカリキュラムを消化して、資格が取れるので、シンプルな方法ですね。二番目は30代の方。子育て・仕事の両立をして、保育士の資格を取り...

保育士の資格取得には二種類あることは先にも紹介しました。だから、それぞれの保育士の費用を紹介したいと思います。保育の資格への近道が、大学・短大・専門学校などに通う方法。いずれも、年間100万くらいかかりますから、四年制大学で400万円、二年生の短期大学・専門学校で200万前後かかることになります。卒業=保育士の資格取得ですから、費用は高額でも、確実に資格が取れるという点では安心かも知れません。もう...

保育士試験は以下のようになっています。まず、筆記試験で知識を問う問題、そして実技試験があります。筆記試験では8科目。筆記試験に合格すれば、実技に進めます。筆記試験の8科目と試験時間は@社会福祉(60分)A児童福祉(60分)B発達心理・精神保健(各30分)C小児保健(60分)D小児栄養(60分)E保育原理(60分)F教育原理・養護原理(各30分)G保育実習理論(60分)になっています。各科目100点...

保育士の試験勉強を独学でする方も少なく有りません。ただし、8種目の筆記試験にすべて合格しなければいけないので大変です。計画力が求められますね。でも必要なものは、経験から知っています。独学をする方は、市販のテキスト、問題集を使って勉強します。オススメは、保育士養成講座 第6巻 改訂5版1890円保育士養成講座 家族援助論 (第11巻)1089円保育士養成講座 第1巻 改訂4版1890円保育士養成講座...

保育士の試験勉強を学校でする場合、実績のある人気の学校がオススメ。中でも特にオススメな学校を紹介します。まずは、キャリアステーション。学校は、首都圏・関西で展開し、保育士だけでなく、手話・ベビーシッターなどの講座を海溝。キャリアステーションの保育士総合講座は、保育士試験の合格を6年連続で300人以上輩出しています。特に子育て・仕事中でも、できるように午前の講座・夕方の講座があります。独学している方...

通信教育の保育士試験にチャレンジしている方も少なく有りません。保育士の通信教育で有名なのが、ユーキャン。資格取得通信教育では、最大手。標準の学習期間は、12ヶ月。この間の学習で、合格できるカリキュラムです。添削8回・模試1回の添削指導あり。テキスト・資料集・問題集・実技対策DVDなどがあります。ユーキャンと同じ、通信教育で有名な会社に四谷学院があります。四谷学院は、55段階学習システムが特徴。一章...