保育士の職場

MENU

保育士の職場

保育士の資格を取った後、どんな職場で働けるのでしょうか。

 

まず、代表的な職場が、保育所・託児所です。

 

女性の社会進出に伴って、待機児童が増えるほどに、保育所・託児所のニーズが高まっています。

 

次に乳児院。両親の未婚や保護者の病気の事情によって家庭で養育ができない、あるいは、望めないそんな乳児のための施設になります。

 

もちろん、ここに集まってくる乳児は、大人の手助けが必要であり、保育の専門職がとても大事になります。

 

また、2歳〜18歳の間の子供たちの入所する施設では、児童養護施設があります。

 

乳児院と同じように、家庭での養育が望めない子供たちが入ってくるので、食事・衣服の着脱・排泄、入浴の介助・健康管理・学習指導などにも保育士が携わることになります。

 

四番目に児童自立支援施設。不良な児童・引きこもり・不登校・虐待を受けた児童が入所します。

 

ここでは、保育士は任用資格である、児童生活指導員になります。

 

五番目に、母子生活支援施設

 

母親と18歳未満の子が入所対象の施設です。

 

保育士は、母子指導員・施設の保育士として活躍します。

 

仕事は、母のいない子供たちの保育・家族に対する相談、援助などです。

 

以上が代表的な保育士の職場ですが、・盲ろうあ児施設・知的障害児施設・情緒障害児短期治療施設・病棟保育士などなどたくさんの職場があります。

スポンサードリンク

保育士の職場関連ページ

保育士のニーズ
保育士のニーズのまとめ。
保育士の給料、初任給のこと
保育士の給料、初任給のことをまとめて見ました。
保育士に向く人
保育士に向く人のまとめ。
保育士に必要な能力
保育士に必要な能力のまとめです。
保育士になるには
保育士になるには・・・のまとめ。
保育士の仕事
保育士の仕事についてのまとめ。
保育士の勤務時間
保育士の勤務時間のまとめです。
保育士の役割
保育士の役割についてまとめてみました。
保育士の意義と重要性について
保育士の意義と重要性についてまとめてみました。
保育士の資格について
保育士の資格についてまとめてみました。
保育士の資格取得方法
保育士の資格取得方法についてまとめてみました。
保育士資格の取得期間と受験制限
保育士資格の取得期間と受験制限についてのまとめ、
保育士の資格取得を目指すのはどんな人
保育士の資格取得を目指すのはどんな人なのか?調べて見ました。
保育士の資格取得 費用
保育士の資格取得費用のまとめ。
保育士試験
保育士試験のまとめ。
保育士の試験勉強を独学でする
保育士の試験勉強を独学ですることについてのまとめ。
保育士の試験勉強を学校でする
保育士の試験勉強を学校ですることのまとめ。
通信教育の保育士試験
通信教育の保育士試験ついてのまとめ。