一般職試験

MENU

一般職試験

一般職試験は、国家公務員の採用試験で、2012年から実施されています。

 

昔は、公務員採用試験は、国家T種・国家U種・国家V種の区分がありました。

 

それが廃止になって、総合職・一般職・専門職・経験者採用に区分されて、かつての国家試験T種がそう総合職試験、国家U種が一般職試験になったのですね。

 

ちなみに、国税専門官採用試験が専門職試験、中途採用試験としては、経験者採用試験も出来ています。狙いは、試験を多様化して、東大中心で行われてきた国家T種を改善、色んな人材を受け入れていくことを目的にしています。

 

さて、一般職試験ですが、主に求められる能力が、事務処理能力

 

事務処理を行う仕事で、大卒レベルの試験と高卒レベルの仕事に分かれています。

 

大卒程度は、国家U種と同じくらいの難易度。教養試験・専門試験・論文試験・面接試験があります。科目選択性は従来から継承されています。

 

高卒レベルは、国家V種とおなじくらい。事務区分では、基礎能力試験・適性試験・作文試験・人物試験などがあります。

 

一般職試験に合格すると、国家公務員になれる資格がとれます。国家公務員の待遇は良く、民間の大手企業と遜色ない給与・福利厚生などの待遇を受けられます。

 

基本的に首にもならないので、安泰な職業の筆頭でしょう。

スポンサードリンク