電気工事士の資格

MENU

電気工事士の資格取得

人気の資格、電気工事士に関する情報です

 

電気工事士という資格について
電気工事士資格の種類
電気工事士受験対策について

 

 

電気工事士という資格について

 

電気工事士は、電気工事を行う際に工事の不備や事故などでの漏電その他の災害防止のため、専門家を配置して工事監督を行うことと法律で規定されているその専門家として認められている資格の一つが電気工事士です。

 

工事によっては資格が必須の工事があります。資格には第一種と第二種がありますが、二種で一般住宅やお店など600ボルト以下で送電する設備工事にこの資格が要りますし、一種では二種の仕事に加え、最大500キロワット未満の工場、ビル建設などの工事の資格になります。

 

どっちもそれぞれに需要がある資格で、電気工事の会社では必須の資格であるとともに、一般住宅の電気工事をやる建築会社やイベント会場を作る会社、電力会社、電気工事を行う家電量販店、工務店などもあります。

 

しかも電気工事の技術は日進月歩。新しい建築物にはどんどん最先端のテクノロジーが入ってきています。電気工事士の仕事は前途有望なのは間違いありません。

 

 

電気工事士資格の種類

 

電気工事士の資格は二種類あります。第一種と第二種とに分かれています。

 

第一種電気工事士資格

 

・第一種電気工事士試験に合格すること
・大学、高専卒業者で3年以上の実務経験があること、それ以外の方は5年以上の実務経験があること

 

第二種電気工事士資格

 

・第二種電気工事士試験に合格していること
・経産省認定の第二種電気工事士認定校に指定された指定教機関(専門学校・職業訓練学校などの養成施設)で必要な対象科目を終了したもの

 

電気工事士の試験は年一回行われ、試験には筆記と技能があります。難易度は二種よりも一種が難しくなっています。当然一種の方が求人としては重宝されますが、職場によっては(ビル管理・ビルメンテナンスなど)では、第二種でいけます。

 

人によっては二種で十分という方もいます。(おそらくは仕事によって変わってきます)つまり第二種電気工事士でもとっても需要があるということです。

 

まず二種をとって、仕事をしながら上位の資格にチャレンジするのもあり、ですね。

 

電気工事の資格ですが、実務を通じ、工事の形態、やり方、方法などがどんどん変わってきているので、電気工事の専門性は奥が深いものになっています。今後も幅広く色んな場所で、電気工事に関われる魅力的な資格で、食える資格として人気です。

 

 

電気工事士の受験対策

 

電気工事士の受験対策としてはまず第一に試験に合格することです。その後に実務経験を経て、資格取得になります。もし、資格を転職や再就職に使うのでしたら、試験に合格しておいて実務は勤務先の会社でやるようにすればよろしいのではないでしょうか?

 

さて、資格試験ですが、筆記試験と実技試験に分けられます。筆記試験は試験時間が2時間のマークシート方式、実技試験は配線図を見て工事で使う工具を選び、与えられた素材で配線図を完成させる実践的なテストです。

 

筆記試験の方は過去問で何とかなりそうですね。

 

実技試験は実際に電気屋さんで働いて実務についている人には有利なようです。もし、文系の人が受験しようと思ったら、電気工事士試験受験キットを買うといいですよ。これから人口減少社会になってきて人手不足がささやかれているのが、建設業界です。

 

電気工事もそうです。食える資格は、文系でもどんどん取得してる人が増えている資格です。頑張って資格ゲットしましょう(^^♪

 

スポンサードリンク